薬剤師転職サイトの2020年ランキング

薬剤師をしていて人間関係や職場の過酷さなどに耐える必要はありません。
 
令和も2年目の新年度となりました。毎年このシーズンは将来を見直す薬剤師が多く、子供の都合で家庭の両立と悩んでいた薬剤師が、一気に休職に動き始めるため、好条件の空きポシジョンへの依頼が各転職会社に入りやすいシーズンです。転職サイトによって2020年度への意気込みはかなり異なり、上位4社のトップ集団と5位以下の第二集団の差がさらに鮮明となっています。
 
 
不満を抱えたまま現状に我慢せずに新しい環境に一歩踏み出してみる機会です。
 
 

転職は悩みを解決する大きな手段 

 
多くの薬剤師が抱える悩みをひとことで表現すると「生活の向上」です。
具体的には
 

  • 人間関係での悩み
  • 収入を上げたいという願い
  • 超過勤務や休みがとりにくいという苦痛
  • スキルアップしたいという夢
  • 通勤時間が長いという不便さ

 
これらの悩みは薬剤師が個人としてでは職場で解決できない問題であり、転職という方法しか解決策が無いことがわかっていながらも、実際に転職に踏み出すまではいろいろと思い悩むものです。
 
しかし転職してきた薬剤師から良く聞く言葉は「もっと早く転職するべきでした。」です。悩んでいる間は、自分で苦痛の時間を長くしているだけのようなものです。一歩引いて、自分の状況を客観的に見てみるとおそらくわかりやすいと思います。同じところをぐるぐるとまわっているだけで、実は出口はひとつしかないということを。
 
 
 
 こう言った悩みを解決する手段として転職が一番なのですが。なかなか勇気がいるものです。
 
転職という大きな決断にいたるまでには悩みながら、この環境を打破したいと思い努力を続けるも改善が難しく半ば諦め今の職場にしがみついているのではないでしょうか。でも諦めないでください。
 
今、転職サイトは転職ありきではなくそう言った薬剤師さんの悩みを聞いてくれるコンサルタントが数多く存在します。それは数多くの薬剤師さんの転職を扱ってきたからゆえのアドバイスができるということです。
 
一人で悩んでいても解決の出口が見つからないのならば、心を病んでしまう前に転職コンサルタントに話を聞いてもらいながら、様々な事例からどう言った解決方法があるのかアドバイスをもらいましょう。
 
そうするだけでも気持ちが軽くなり、転職するしかないかではなく、悩んだらまず転職サイトに登録してみるとそう言った相談もできるということです。それが薬剤師さんの悩みを解決する糸口になります。
 
これから説明しますが、転職サイトに登録してもしつこい電話や勧誘はないので安心して相談してみることをお勧めします。
 
 

良い転職サイトとは

 
転職サイトに登録後良いコンサルタントに当たるのが普通ですが、時にはよくないコンサルタントに出くわす場合もあります。そう言ったコンサルタントは、転職先を斡旋することばかりに夢中だったり、薬剤師さんの希望する職場が見つからないと放置されてしまうことがあります。
 
そんな場合悩みの解決どころでななく、ますます悩みが深くなってしまいます。それでは良い薬剤師転職サイトはどんなものなのかをご説明します。
 
 

当たり前の転職サイトの機能とは

 
薬剤師の転職サイトを見ると、さまざまなことがアピールされていますが、その中には、いまどきの薬剤師の転職サイトであれば、どこでも持っていて当たり前の機能があります。
 
 

  • 転職コンサルタントによる求人・転職案件のマッチングと紹介
  • 給与や休みなどの転職条件をあなたに代わって転職コンサルタントが交渉
  • 希望する転職先を逆指名し、転職コンサルタントがあなたに代わって交渉
  • 履歴書や志望動機の書き方を転職コンサルタントがサポート
  • 面接の設定と段取り
  • 面接での受け答えのサポート
  • 現職場からの引き留めを上手にかわすためのサポート
  • 病院、ドラッグストア、製薬会社、大手薬局から町の小さな薬局への転職をカバー
  • 厚生労働大臣許可(一般労働者派遣事業、有料職業紹介事業)
  • プライバシーマーク取得

 
これらは良い薬剤師の転職サイトであれば、持っていて当たり前の機能であり、いまではアピールポイントにはならないものです。見方を変えれば、持っていないようであれば、薬剤師の転職サイトとしては力不足と言わざるを得ません。
 
なので事前に薬剤師さんが色々心配して考えることはありません。逆にネットの情報などを自分で調べて、転職は面倒だなどと悩む必要がなくなるのです。
 
ネットの情報に振り回されないで素直に転職サイトのコンサルタントに相談するのが一番です。なぜなら、ネットに書いてある薬剤師の転職情報の多くは、本当だという確証がない情報ばかりだからです。
 

良い転職サイトを選ぶもう一つの理由

 
そもそもあなたの希望の転職先の条件を持っていなければ、その薬剤師転職サイトはあなたにとって何の価値もありません。それではあなたにあった転職先の情報を持っている薬剤師転職サイトとはどういうものなのでしょう。
 

良い条件の薬剤師転職サイトは情報を多く持っている

 
このことが一番大切です。
その薬剤師転職サイトが持っている案件が少ないほどあなたにあった薬剤師転職がうまくいかないのが当たり前で、そういう薬剤師転職サイトに登録してもあなたの希望の条件ではない案件が紹介されたり、果ては何の連絡もなくなってしまうのが関の山です。
 
大事なのは、あなたの条件にあった良い転職先の情報を持っているというのがポイントです。
 
薬剤師の転職案件には、公開、非公開求人があります。
 
公開求人というのは、ハローワークやネットで募集している案件のことです。これは多くの求人の目に触れますが、一方でその内情などを知るすべはありません。
 
現在、公開求人だけでも何万件という数がありますが、わかるのは条件だけです。
 
一方非公開求人は、一般には公開されない求人で、これは薬剤師転職サイトのみに依頼される案件です。その理由は、様々ですが、公開求人と違って薬剤師さん自身が見つけることはできません。
 
公開求人と非公開求人の差は、圧倒的に非公開求人の方が条件がいいということ
 
一方公開求人は公開しなければ薬剤師が集まらないという差があります。これは言うまでもなく条件に差があると言うことです。公開求人は条件が悪い場合が多いのです。
 
それに対して非公開求人は薬剤師転職サイトのみに情報が行きます。なぜならわざわざ公開しなくても転職サイトに依頼するだけで求人が集まるからです。
 
公開すると募集に対して薬剤師が殺到するので受け入れる薬剤師会社だけではさばききれないばかりか、薬剤師の応募を絞ることができません。だから薬剤師サイトにのみ情報が渡されるのです。
 
良い薬剤師求人サイトは、条件の良い非公開求人の情報をたくさん持っているサイトと言うことになります。ではどう言った薬剤師サイトが非公開求人を多く持っているのでしょうか。
 

  • これまでに良い薬剤師を紹介してくれた実績がある転職エージェント
  • 最近、非常に良いという評判を聞く転職エージェント

 
この2つしかありません。つまり実績がある薬剤師サイトに多くの非公開求人が自然と集まると言うことになります。これにはその薬剤師転職サイトは病院からの信頼も厚く、良い転職会社であると言えるのです。
 
いくら数多くの求人案件を持っていても、公開求人ばかりでは薬剤師さんの希望にあった求人ではなく、そう言ったサイトは、相談よりもしつこく公開求人を押し付けてくる可能性が高くなり、結局は思うような転職先が見つからないと言うことにもなりかねません。
 
 

良い求人サイトの見分け方

 
ネットには様々な薬剤師求人サイトのランキングや比較したサイトが多数存在しますが、それらの多くは独自の観点からのものであり、根拠のないものがほとんどです。
 
薬剤師さん何百人に聞いたと言うサイトでさえ、その声を伝えるのはほんの一部であったり、そもそも本当に聞いたのかすら怪しいものがあります。
 
良い転職サイトの見分け方は
 
「誰もが知っている社会的に信用できる機関や人物による裏付けがあるかどうか」
 
だけなのです。採用側がそう言ったサイトに情報を公開するのは社会的信用がある薬剤師転職サイトだからです。
 

良い求人サイトとは

 
薬剤師さんの立場になり、相談に乗ってくれたり必要な情報を与えてくれる、そう言う当たり前のことが、当たり前にできるのです。条件の良い非公開求人と言うのはそう言ったサイトにしか集まらないと言っても過言ではありませんありません。
 
ネットには、根拠のないランキングや薬剤師転職サイトの情報が溢れています。それらは古い情報であったり、ページによってランキングが変わっていたりと、見る側を混乱させてしまいます。
 
そう言ったサイトを数多く見るのではなく、何も知らなくても良い薬剤師転職サイトであれば、一から教えてくれますし、薬剤師さんに無理なく話を進めていくことができるのです。
 
まず、転職ありきではなく相談レベルから悩みを解決してくれます、
 
良い薬剤師転職サイトは、社会的に信頼も厚く、その高い信頼性から条件の良い非公開求人を病院からか数多く集めることができるのです。
 
今あなたが転職についてお悩みなら転職するかしないかは別として、悩みが深まる前に転職サイトに登録して悩みを相談しようと言うくらいの気持ちで相談をしてみることをお勧めします。
 
薬剤師の悩みに精通しているコンサルタントとお話しするだけでも気持ちが楽になるはずです。
 
 

薬剤師の求人 転職サイトの比較とランキング

 
薬剤師転職サイトへの登録は1社ではなく複数のサイトに登録することをお勧めします。理由は、1社だけでは、転職条件の比較ができないからです。その点複数の薬剤師転職サイトに登録するとあなたの条件によりあった転職情報を得ることができます。
 
複数登録といっても、あまりに多くの転職会社に登録しても混乱するので、3社ぐらいをめどに登録するのが良いでしょう。
 
また、いくら良い転職会社に登録したとしても新人のコンサルタントに当たる場合もあります。そんな時は、コンサルタントを変えてもらうこともできますし、また、他の2社から情報をもらうことができます。
 
これによってよりスムーズに転職活動を進めることができます。ここからは3つの薬剤師転職サイトをご紹介しますが、1位から3位までの転職サイトとそれ以下の転職サイトでは差が大きいため、3つのサイトの紹介だけにします。
 
 

1位 薬キャリ

 

 
 
「イキイキと働く医療従事者を一人でも増やし、医療に貢献する」を企業理念としたソニーグループの転職企業です。
東証一部上場のエムスリーとエス・エム・エスの2社が、お互いに強みを出し合ったジョイントカンパニーであり、薬剤師だけでなく、医師の転職も扱っている医療分野では日本最大の転職会社です。
 
下のグラフは何だと思われるでしょうか?これは2010年度から2017年度の売上の推移です。2010年から7年間で7倍以上に成長しています。この驚異的な伸びは、求人元の絶大な信頼の表れであり、いかに多くの非公開求人を持っているかがわかります。
 

 
この数字は親会社が東証一部上場会社なので、連結対象として証券取引所に提出されている数字であり、虚偽があれば粉飾決算として刑事罰が課せられるうえ、改善するまで上場から外され監理ポストに入ってしまうため、一切のごまかしが効かない非常に社会的に信頼性の高い数字です。
 
  • 日本全国の薬剤師の転職に対応
  • 年間利用者数9万人
  • 3万件以上の求人案件を保有

 
顧客満足度93%、薬剤師登録者数No.1となっていますが、この数字は社会的に信頼のある第三者機関によるものではないので、採用側としては大きな参考としては見ていません。
 
しかしながら、エムスリーが薬剤師の転職で一番力がある状況は採用側であればだれもが納得するところです。
また、信憑性には欠けますが「薬剤師 転職 比較」や「薬剤師 転職 ランキング」のキーワードで検索して出てくるランキングサイト上位20サイトのうち18サイトが薬キャリをランキング第1位に掲載しています。
 
登録はこちらから https://agent.m3career.com/
 
 

第2位 マイナビ薬剤師

 
 

 
日本の転職業界でリクルートと双璧となっているマイナビグループの薬剤師向け転職サイトです。
マイナビの名もテレビや電車の車内ビデオCMなどで今や知らない人はいないでしょう。
楽天リサーチで5年連続「利用者満足度第1位」を獲得しています。
 
名も知らない会社の評価ではなく、ネット業界の盟主とも言える楽天の評価ですから、非常に高い社会的信頼性と言えます。
 
マイナビは2011年に現在の社名に変更したため、比較的新しい企業だと思われがちですが、もともと1973年に毎日新聞の子会社として作られた毎日コミュニケーションズが始まりであり、すでに40年以上の歴史を持っています。
 
なにかと比較されるリクルートをマイナビですが、どちらも長年培ってきた転職ノウハウとITは規模は桁違いであり、担当する転職コンサルタントの教育レベルも非常に高いです。
 
 
  • 日本全国の薬剤師の転職に対応
  • 一人の薬剤師に対して平均20.8件の転職案件を紹介
  • 3万件以上の求人案件を保有

 
 
マイナビ薬剤師の自社調査結果になりますが、利用者の転職満足度は94.6%になっています。
 
登録はこちらから https://pharma.mynavi.jp
 
 

第3位 MC─ファーマネット

 

 
 
全国主要都市13拠点のネットワークを活かした、業界最大級の薬剤師求人を持ち、MC会員に優先的に案内する非公開求人多数の転職支援サービス。
 
直接現場を見てきた担当者が、求人票ではわからない職場の雰囲気、人間関係、休暇や給与など、現場の生の声を伝える。
MC会員になると、非公開求人を含めた希望求人の案内や各種キャリアコンサルティングサービスを受けたり、オススメ会員限定求人情報の閲覧が可能になるなど、様々な特典がつくシステム。
 
登録はこちら  https://mc-pharma.net/  
 
 
あなたが今悩みを抱えているのならばまずは、転職サイトに相談してみましょう。それが貴方が幸せな薬剤師生活を続けられるものと思っています。